トップページ > 和解契約と錯誤無効

和解契約と錯誤無効

先日の「精算条項を含む和解契約によって過払い金は消滅するか」という論点に対する名古屋高裁金沢支部の判決の続編です。判決は和解契約を有効とした富山地裁判決を支持するものですが、理由は原判決の理由を引用するとした上で「過払い金の存在を認識することが不可能だったとまではいえない。」と付け加えるだけのものでした。債務整理の重要論点に対する控訴審判決としては、簡単に済ませ過ぎると思います。このような手法が容認されるのであれば、多重債務者の判断能力の欠如に乗じて、消費者金融はこぞって模倣するでしょう。多重債務者側弁護士としては、最高裁にかけるしかありません。

Copyright(C) 債務整理(富山) 多重債務・借金問題の無料相談室 All Rights Reserved.