トップページ > 遺言と債務

遺言と債務

遺言がある場合、過払い金は遺言に従って、被相続人の多重債務は法定相続分に従って相続されますが、なかなかこの点を理解してもらえない場合があります(遺言書があっても全財産を一人の相続人に相続させる場合は例外あり)。確かに弁護士の目から見ても、債務と過払い金がある場合不公平感は免れませんが。

Copyright(C) 債務整理(富山) 多重債務・借金問題の無料相談室 All Rights Reserved.