トップページ > 不動産担保融資への切替契約

不動産担保融資への切替契約

リボルビング形式の貸付から不動産担保融資に同日切替契約がなされた場合、前後の契約に一体性があるかという論点についての過払い金返還請求訴訟で、一体性を肯定した富山地方裁判所判決に対する控訴審判決がありました。結論は一体性肯定説で多重債務者側の勝訴でした。この論点についての過払い金返還請求訴訟では、富山地裁では全勝、控訴審判決でも三連勝となりましたが、必ずしも一体性が認められるものではないと高裁裁判官が和解期日で弁護士に述べていたことがあっただけに今後も予断は許せません。

Copyright(C) 債務整理(富山) 多重債務・借金問題の無料相談室 All Rights Reserved.