トップページ > プロミス・タンポート控訴審

プロミス・タンポート控訴審

前回の続編です。本日、プロミス・タンポートの一体性に関する過払い金返還請求訴訟富山地裁判決(最高裁判決前のもので一体性否定)に対する控訴審期日で、裁判所から控訴人代理人弁護士に、切替契約の個別状況を示すようにとの要請がありました。既に最高裁で決着済みの論点だと思うのですが、事例ごとの個別状況があるということのようです。債務整理手続中の多重債務者は、富山地裁と控訴審を通算してもう一年半以上過払い金の返還を待っていますが、説明に苦慮します。

Copyright(C) 債務整理(富山) 多重債務・借金問題の無料相談室 All Rights Reserved.