トップページ > 一体計算の可否

一体計算の可否

半年の断絶で取引の一体性を否定した判決が富山簡裁で出ました。現在この判決に対する控訴状を書いています。富山地裁・名古屋高裁金沢支部の判例の主流は一年以内は一体計算とするものですが、半年で断絶を認めた判決は北陸地方では初めてです。債務整理手続に与える影響は大きいので、弁護士としては控訴審でなんとしても多重債務者側勝訴の判決を勝ち取るつもりです。

Copyright(C) 債務整理(富山) 多重債務・借金問題の無料相談室 All Rights Reserved.